髪をいたわりながら染められる「白髪染めトリートメント」のススメ!

白髪が気になり始める時期は人それぞれですが、早い人では20代から白髪がちらほら出てくることもあります。ここで、カラーリングでごまかすか、白髪染めを使うか、はたまたヘアマニキュアを使うか…と、複数ある中から選択することになります。ある程度以上に、白髪が増えてくると、白髪染めで染めるのが一番綺麗に仕上がりますが、白髪染めに移行するタイミングって難しいですよね…。そんな中、最近人気なのが、「白髪染めトリートメント」です。こちらでは、白髪染めトリートメントについて、まとめてご紹介しています。

白髪染めやカラーリング、ヘアマニキュアとの違い

トリートメント白髪染めは、髪に艶やコシを与えるトリートメント成分に、白髪染めの成分がプラスされています。よって、白髪染めやカラーリングとの最大の違いはトリートメント効果の部分です。そして、トリートメントとほぼ同じ扱いで白髪を染めることができるため、白髪染めやカラーリングとは使い方も大きく異なります。

白髪染めもカラーリングも、「1剤(アルカリ性)」がキューティクルを開き髪の色素を抜き、染毛力をもつ「2剤(酸性)」が毛髪内部に色素を定着させます。白髪用のものと黒髪用のものではこの2つの液剤のバランスが異なりますが、基本的な仕組みは同じです。一方、ヘアマニキュアは、毛髪内部までは浸透せず、表面を色素でコーティングしていきます。

白髪染めトリートメントとは?

数年前にメディアでも相次いで紹介され、一躍知名度を上げた白髪染めトリートメント!読んで字のごとく、白髪染め成分の配合されたトリートメントです。普段のシャンプー後に、ヘアトリートメントを使う要領で使用するだけという手軽さが魅力です。白髪染めやカラーリングと同様に、多少の放置時間は要しますが、湯船に浸かってくつろいでいる間にでき上がり!といった感じです。定期的に使い続ければ、色むらやいつの間にか白髪が目立っていたなんてこともなく、自然な仕上がりを維持することができます。

白髪染めトリートメントのメリット

最大のメリットは、使い方の簡便さと、髪にやさしいところでしょう。シャンプーのついでに行えて、ヘアカラーのようなツーンとしたニオイもありません。また、繰り返し使うため、髪へのダメージが気になるところですが、白髪染めトリートメントでは髪への負担を心配する必要はほとんどありません。逆に、繰り返し使う程に、髪にコシや艶、ハリが生まれ健康的に美しくなる…という声があるくらいです。白髪の気になる年齢になると髪の健康も一層気になりますから、これは大きなメリットと言えるでしょう。

白髪染めトリートメントのデメリット

デメリットとしては、繰り返し使用しないと効果が得られない点が挙げられます。髪の太さや質にもよりますが、中には、「1週間毎日使い続けているけどあまり染まっている気がしない」という声もあります。一度使えばすぐに染まる白髪染めやカラーリングとは違い、繰り返し使い続ける必要があることを押さえておきましょう。ただし、いったん染まれば、毎日使わなくても、1週間に1回くらいの頻度で色が持続するようです。毎日持続して使用することが重要になります。