白髪の主な原因とは?

日常生活の中でいつも何気なくしていることが、白髪の原因になることも考えられます。ここでは、白髪の原因を解説します。

一晩で髪の毛が真っ白に!?ストレスが白髪の原因だったなんて…

「マリー・アントワネットがストレスのため、一晩で白髪になった」と言うたとえがあります。これは大げさで医学的にもこういうことはないようですが、確かにストレスは白髪の原因として考えられます。

ストレスは、血行を阻害して髪の毛に栄養を与えないだけではありません。精神的な安定を調整する自律神経にも影響が出たり、免疫の問題を出しながら毛根にダメージを与えていきます。そのダメージによって、毛根では髪の毛を黒くするメラニン色素が出来なくなるので、白髪が目立ってきます。ストレスの無い生活をするのは無理なので、少しでも発散できる工夫が必要でしょう。

ストレス解消の方法としては適度な運動やマッサージをおすすめしますが、喫煙や飲酒でのストレス解消は避けましょう。理由は、喫煙と飲酒は血行不良の原因になり、髪の毛に栄養が行き届かない、もしくは行き渡りにくい状態を作ってしまうからです。

痩せたかっただけなのに!ダイエットは白髪の原因になっていた!?

ダイエットをする女性は多いですが、食事を減らすだけの方法に頼っていませんか?確かに食事の量を減らすと体重は減少しやすいですが、髪の毛の主成分であるタンパク質やメラニン色素を作るためのチロシンやチロシナーゼも慢性的に足りない状態になりがちです。そのような状態だと、髪の毛にメラニン色素を送ることが出来なくなってしまうため、栄養不足のまま白髪になっていきます。ちなみに、頭皮や髪の毛に栄養が行かないと、白髪が目立つだけではなく抜け毛の原因にもなりかねません。

以上のことから、食事を減らすというダイエットはあまりおすすめしません。なるべくバランス良い食事と適度な運動をするようにしましょう。