一般的なカラーリング(ヘアカラー)と白髪染めの違い

一般的なカラーリング(ヘアカラー)と白髪染めの違いは、カラーリング剤の中に含まれる脱色剤と染料のそれぞれの配合量が挙げられます。

簡単に説明すると、普通のカラーリングは黒髪がキレイに染まるように、白髪染めは白髪がキレイに染まるように、それぞれ作られているのです。

なぜ白髪にはヘアカラーではなく白髪染めを使うの?

黒髪と白髪では、まず毛髪中のメラニンの量が全く違います。(メラニンとは、髪の色を構成している色素のことです)元々、黒髪にはメラニン色素が多く存在するので、まず脱色剤で適度に髪のメラニン色素を脱色します。その上に染料で色味をプラスし、自然なブラウンカラーにします。

しかし、白髪にはメラニンはほぼ存在しません。よって、白髪用には黒髪用のヘアカラーよりも染毛力の高い染料が使用されています。多くの染料を髪に入れ込むことによって、黒髪をカラーリングしたようなきれいな程よい色合いに見せてることができるのです。

白髪を染める時、黒髪用ヘアカラーを使うとどうなるの?

白髪用のヘアカラーは白髪に色をつけることが目的です。黒髪のヘアカラーは、ニュアンスカラーをメラニン色素にプラスすることが目的ですので、黒髪用で白髪をカラーリングした場合、白髪部分だけが上手く染まらなかったり、染め上がりがまばら・不自然になってしまう可能性があります。

白髪を目立たなくカラーリングしたい場合は、白髪染め用のヘアカラー選ぶようにしましょう。