髪がねじれている!?捻転毛の原因と特徴とは?

「捻転毛」という言葉を聞いたことがありますか?あまり耳慣れない言葉かもしれませんが、捻転毛とは、実はくせ毛の一種なのです。今回は、この捻転毛の原因と特徴について詳しくご紹介します。

捻転毛の特徴

くせ毛は主に、波状毛、縮毛、捻転毛、連珠毛の4種類に分けられます。一般的に、日本人に一番多いと言われているのは、波状毛。うねりのある髪質のことです。では、捻転毛とはどのような髪質のことなのでしょうか?

捻転毛とは、髪が縄のようにねじれた状態の毛髪を指します。ねじれた部分が折れて切れやすいため、切れ毛や髪のパサつきが目立つ場合もあります。

捻転毛の原因

では、捻転毛の原因とは一体どのようなものなのでしょうか?捻転毛の最も大きな原因の一つが、遺伝的な影響です。くせ毛は優性遺伝のため、親から子へと引き継がれることが多いのです。捻転毛は、思春期以降に自然に治ることもあると言われていますが、個人差があるため一概には言えません。

この他、遺伝的な影響以外に、後天的な原因によっても、捻転毛のくせが強くなってしまうことがあります。以下で、後天的なくせ毛の原因についてご紹介します。

1.頭皮の皮脂詰まり

毎日しっかりシャンプーをしているつもりでも、実は頭皮をしっかりと洗えてなく、頭皮の毛穴に皮脂が詰まっている場合があります。毛穴が歪むことで、髪のくせが強くなってしまうことがありますので、捻転毛の方は特に注意して頭皮を洗う必要があります。

また、毛穴に詰まった皮脂がフタとなり、髪に必要な油分が行き渡らずに、髪のパサつきが進行して、くせが強くなってしまうことも…。「シャンプー=頭皮を洗う」という意識を持って、毎日のケアを行っていきましょう。最近人気のホームケア用の炭酸シャンプーで頭皮と毛髪の汚れを落とすのもいいでしょう。

2.生活習慣の乱れ

健やかな髪を維持するためには、バランスの良い食生活、質の高い睡眠、適度な運動などを行って、生活習慣を整えることが必要です。過度なダイエットや睡眠不足、喫煙、運動不足などが続くと、頭皮にしっかりと栄養が行き渡らず、髪のくせが強くなってしまう可能性があります。

青魚、赤身肉、大豆製品、卵などさまざまな食材から髪に必要なタンパク質を摂取したり、毎日の就寝時間を一定にして自律神経の働きを整えるなど規則正しい生活習慣を身につけることを心がけましょう。

プロの手で髪に潤いを

捻転毛が気になるという方は、まめに美容院に通い、プロの手でしっかりとケアをしてもらうことも大切です。炭酸泉によるシャンプーや、スチームを使ったトリートメント、頭皮マッサージなど、サロンでケアを受けると、髪に驚くほどツヤが出るという意見もあります。普段はホームケアできちんとお手入れをしつつ、サロンケアも取り入れながらくせ毛の改善に努めましょう!