くせ毛を隠すのではなく、くせ毛をいかしたヘアスタイルで悩み解消!

くせ毛の人の多くがくせ毛に悩み、なんとかしてストレートにしたいと一度は思ったことがあると思います。けれども、くせ毛を受け入れ、くせ毛をいかしたヘアスタイルにすることで、毎日の悩みから解放された人も多くいます。ここでは、くせ毛の特徴をいかしたスタイルを紹介していきます。

ショートヘアで元気な印象に

くせ毛をいかしたスタイルで一番人気なのはショートヘアです。一言でショートヘアといっても、ベリーショートからボブに近いショートまで長さはいろいろあります。

くせ毛は自然と髪のボリュームが出やすいので、顔まわりはすっきりとさせ、トップをふんわり、顔周りにゆるやかなウェーブを作ると、やさしく女性らしい印象に仕上がります。

毛先にくせが強くでるタイプのくせ毛は、肩あたりまで伸ばしたミディアムレングスで、毛先を外はねにさせるなど動きをつけたスタイルも決まりやすいです。

くせ毛でロングヘアにするには?

くせ毛だからとショートヘアにしてはいても、いつかはロングヘアにしてみたい…と思うのが女心ではないでしょうか?くせ毛だからといってロングヘアをあきらめる必要はありません。

ロングヘアになり髪が増えるとボリュームが出やすくなってしまうので、内側の髪を少し削いでボリュームを抑えることができます。

ロングヘアだと、あまりにもくせが強く出ているときや、スタイルがまとまらないときには、編んだり、結ったりしてごまかせるのも、くせ毛にとってはありがたいですね。

ロングにする場合にはくせを引っ張って伸ばすだけの重さも必要なので、胸より下ぐらいまで伸ばした方がまとまりやすくなります。

ワックスを上手につかって束感のあるスタイル

普段はくせをヘアアイロンなどで伸ばそう、伸ばそうとしている人も、くせ毛をいかしたスタイルならば、そのウェーブをとことん出していきましょう。指先にマットタイプのワックスをつけて、髪の根元で束感をつけたり、毛先をランダムに散らして動きのあるスタイルに仕上げます。

思い切りポップに仕上げたい場合には、前髪を短めにしたり、まっすぐと切りそろえることで、かわいらしいく元気のある印象に仕上がります。

また、髪色によっても印象がガラリと変わるので、髪色も含めて考えてみてください。

男性の場合には、トップにボリュームを持ってくるスタイルがおすすめ

くせ毛の男性におすすめしたいスタイルは、断然ショートヘアです。耳まわりをすっきりと切り、額やトップにポイントを持ってきます。かなり短いスタイルにした場合には、全体の毛先にワックスをつけ、ランダムに動きを出していきます。

長めのスタイルの場合には、くせ毛の流れに合わせてワックスをつけて、流れるような束感を出していきます。

くせ毛を目の敵にしてヘアアイロンや縮毛矯正で伸ばすのではなく、思い切ってくせ毛ならではのスタイルにすると、毎日が楽しくなるかもしれませんよ。