くせ毛メンズもこれで安心!ツーブロックで湿気を乗り切ろう

くせ毛の方は、湿度が高い日などに髪が横にふくらみやすい傾向が見られます。しかし、ツーブロックという髪型を選ぶことによって、横のふくらみを抑えられる可能性があります。ここでは、ツーブロックの具体的なヘアスタイルや、ツーブロックにする際の注意点などについてご紹介します。

くせ毛の方が悩みがちなこと

くせ毛の方の髪は、湿度が高い日に特に広がりやすくなります。サイドの髪がふくらむと自由にスタイリングすることが難しく、爆発したような見た目になってしまうケースも少なくありません。

また、セットに時間がかかるという点も、くせ毛の方が悩みがちなポイントです。入念なセットが必要な髪型を選んでしまうと、時間的に余裕がない場合には、満足にセットできないこともあるでしょう。

しかし、くせ毛の方でも髪型を慎重に選べば、くせ毛をアクセントとして活用できるだけでなく、セットの時間を短縮することも可能です。

ツーブロックを選べば、横のふくらみを抑えられます

くせ毛をアクセントとして活用でき、なおかつセットに時間があまりかからない髪型としては、ツーブロックをあげることができます。特にショートのツーブロックを選べば、くせ毛による横のふくらみも抑えやすいでしょう。

ミディアムが好きな場合には、マッシュベースのツーブロックにすると、くせ毛を活かしやすくなります。サイドの髪の量を少なくすれば、ミディアムでも髪が横にふくらむことをある程度防げます。

くせ毛の方がツーブロックを選べば、無造作にパーマをかけたような雰囲気に仕上がります。ショート・ミディアムどちらの長さでも横のふくらみを抑えられるため、くせ毛に悩んでいる方はツーブロックにすることを考えてみましょう。

ツーブロックは完成形をしっかりイメージしましょう

髪質やサイドの髪の量によっては、ツーブロックにすると髪が浮いてしまうことがあります。特に、外に跳ねるタイプのくせ毛の方は、髪が浮きやすいため注意が必要です。また、髪が伸びかけの時期にツーブロックにすると、髪が伸びてきたときに髪全体が広がってしまう恐れもあります。

そのため、くせ毛の方がツーブロックを選ぶ際には、完成形をしっかりとイメージすることが大切になります。カットした直後の完成形だけでなく、髪が伸びてきたときの状態もイメージしておきましょう。

ツーブロックは美容室でカットすることをおすすめします

ツーブロックという髪型には、「後からフォローすることが難しい」といった特徴があります。1度カットしてしまうと、ほかの髪型に変えることが難しいため、基本的に美容室でカットするようにしましょう。

自分で完成形をイメージし、美容師さんと相談しながらカットを進めていけば、失敗を防ぐことにつながります。カットを依頼する際には、自分の意図をしっかりと伝えることが大切です。

ツーブロックという髪型にはリスクがありますが、くせ毛の方でも横のふくらみを抑えやすい点、くせ毛をアクセントとして活用できる点などのメリットもあります。くせ毛に悩んでいる方は、ツーブロックという選択肢も考えてみましょう。