クセ毛はどれを使えば効果ある?オススメトリートメント大紹介。

くせ毛の方の中には、「髪にツヤが出にくい」「髪が広がりやすい」などの悩みを抱えている方が多く見られます。しかし、くせ毛の方でもしっかりとヘアケアをすれば、髪質を改善できる可能性があります。ここでは、くせ毛の方が抱えている具体的な悩みや、おすすめのトリートメントなどを紹介していきます。

くせ毛の方が抱えている具体的な悩み

くせ毛の場合には、自由にスタイリングすることや、短時間で髪をセットすることが難しくなります。特に「髪にツヤが出ない」「湿気が多い日に広がってしまう」などの悩みは、多く聞かれるものです。

中にはくせ毛を活かせるような髪型もありますが、髪のくせの強さは日によって異なるため、毎日同じ髪型にセットできないケースも珍しくありません。湿気などで髪のくせが強くなると、くせ毛がお洒落なアクセントとして機能せず、全体的に爆発したように見えてしまうこともあります。

しかし、日頃からしっかりとヘアケアを行えば、髪質を改善できる可能性があります。具体的なヘアケア法としては、トリートメントを使用する方法があげられます。

くせ毛の方にはシリコン入りトリートメントがおすすめです

トリートメントには、シリコンが入っているものと入っていないものがあります。ノンシリコントリートメントを好んで選ぶ方も見られますが、くせ毛の方の場合にはシリコン入りを選んだ方が、髪はまとまりやすくなると言われています。

シリコンには髪の毛をコーティングし、ツヤを出す作用があるとされています。くせ毛の方は髪が乾燥しやすい傾向にありますが、シリコンで髪をコーティングすることによって、乾燥防止の効果を期待できるでしょう。

ただし、シリコンは頭皮に付着すると、髪のくせが以前より強くなってしまう恐れがあります。そのため、シリコン入りのトリートメントを使用する際には、頭皮に付着させないように心がけましょう。

アウトバストリートメントの使用も考えてみましょう

アウトバストリートメントとは、基本的にお風呂以外の場所で使用する、洗い流さないタイプのトリートメントのことです。洗い流す必要がないため、成分を長い時間髪に浸透させることができます。

このアウトバストリートメントと、洗い流すタイプのトリートメントを併用することによって、くせ毛の方でも髪質を改善できる可能性があります。乾燥が気になる場合にはウォータータイプ、ツヤを出したい方はオイルタイプのアウトバストリートメントを選ぶといいでしょう。

アウトバストリートメントには、ほかにもミルクタイプ・クリームタイプなどがあります。髪質や目的に応じて、種類を選ぶようにしましょう。

くせの強さに合わせてトリートメントを選ぶことが大切です

「トリートメント選びで困っている…」といった声は多く聞かれますが、髪のくせの強さを把握すれば、自分に適したトリートメントを選びやすくなります。髪のくせが強い場合には、クリームタイプなど油分が多く含まれている製品が向いているとされています。

くせ毛を改善するためには、くせの強さや髪質によってトリートメントを使い分けることが大切です。特に髪のくせが強い方や、乾燥に悩んでいる方などはアウトバストリートメントの使用も考えてみましょう。