諦めていませんか?くせ毛を治す方法を徹底解明!

世の中にはくせ毛に悩んでいる方が多く見られますが、原因を突き止めることができれば、くせ毛を治したり抑えたりできることをご存じでしょうか。ここでは、くせ毛の仕組みや原因に加え、くせ毛の治し方についてもご紹介します。

くせ毛の仕組みと主な原因

くせ毛は自由なスタイリングが難しい場合もあり、特に湿気の強い日にはうねったり広がったりするため、くせ毛に悩まされている方は多く見られます。くせ毛という現象は主に、毛穴の曲がりや毛根の奇形、髪内部のタンパク質繊維分布の不均一などから生じるとされています。

くせ毛になる原因としては、まず「遺伝」が考えられています。くせ毛は優性遺伝であり、両親のどちらかがくせ毛の場合には、子どもは高い確率でくせ毛になるといわれています。

生活習慣がくせ毛の原因になっていることもあります

過剰なダイエットも、くせ毛の一因として考えられています。髪の太さは体重によって変わるとされており、ダイエットとリバウンドをくりかえすと、髪は細くなったり太くなったりします。そして、最終的にはくせ毛連球毛(数珠のような玉状になっている毛)ができてしまいます。

また、頭皮の毛穴に詰まった皮脂などの汚れも、くせ毛の原因になることがあります。

このように、生活習慣がくせ毛の原因になることもあるため、中には大人になってからくせ毛が生じる方も見られます。

くせ毛を抑えるための対策法

くせ毛を治す方法や、抑える方法があることをご存じでしょうか。酸性のアウトバストリートメントをくせ毛に使用し、そのまま乾かすことによって、くせ毛を改善できる可能性があります。

また、念入りに洗髪することを心がけ、なおかつシャンプーやトリートメントをしっかりと洗い流すようにしましょう。すすぎの時間が短いと、シャンプーなどに含まれている添加物が頭皮の毛穴に詰まってしまう恐れがあります。

極端な体重変化や皮脂の過剰分泌を避けるために、規則正しい生活を心がけることも大切なポイントです。栄養バランスのよい食事をとり、普段から適度に運動するようにしましょう。

縮毛矯正やパーマも手段のひとつです

縮毛矯正やパーマによって、くせ毛をストレートに近い状態にすることも可能です。しかし、ストレートパーマなどをかけたとしても、くせ毛が完全に治っているわけではありません。

時間の経過によって効果は薄くなりますし、回数を重ねるほど髪のダメージ量も増えていきます。縮毛矯正やパーマについては、「一時的なもの」であることを理解しておきましょう。

くせ毛の原因が分かれば、その原因に合わせた対策を講じることができます。自分の生活や周囲の環境などから、くせ毛の原因を突き止めていきましょう。