湿気が強いこれからの季節…覚えておきたいボブ向けくせ毛対策

湿気の多い時期が近付くにつれて、憂鬱な気持ちになってしまうくせ毛ボブの方は多いことでしょう。しかし、普段からしっかりとヘアケアをしておけば、湿気の多い時期でもお洒落なボブヘアーを楽しむことができます。ここでは、くせ毛ボブの方が日常生活やスタイリング時に注意するべき点、くせ毛を活かしたボブヘアーなどについてご紹介します。

くせ毛ボブの方が気をつけるべき生活習慣

生活の中で髪にダメージが蓄積されると、スタイリング時に必要以上に髪が広がったり、うねったりしてしまいます。ボブヘアーでは髪のボリュームも大切ですが、ボリュームを出し過ぎると違和感が生じてしまうため注意しましょう。

特に注意が必要になるのは、日差しが強い日中です。帽子をかぶれば紫外線によるダメージを防ぐことができますが、「ボブヘアーが崩れてしまう」と言った理由で帽子を敬遠する方も見られます。そのような方は、外出時に日傘をさすことを考えてみましょう。

また、髪が濡れた状態のまま寝たり、頻繁にケミカル施術(パーマや染髪など)を施したりすることも控えるべきです。普段から髪の毛をいたわるようにしましょう。

くせ毛ボブのスタイリング時に注意するべきこと

くせ毛ボブのスタイリング時には、少し髪が湿っている状態からセットし始めるようにしましょう。完全に乾いた状態から始めると、いくら整髪料を使用しても、思い通りの髪型にできない場合があります。

また、ドライヤーを使用する場合には、最後に髪全体に冷風を当てることが大切なポイントです。髪の表面にあるキューティクルは、熱風をあてると開いてしまいます。開いた状態のままでは水分が蒸発してしまうため、冷風をあててキューティクルを引き締めるようにしましょう。

くせ毛を活かせるボブヘアーを選びましょう

ボブヘアーにもさまざまな種類があり、中にはくせ毛を活かせるような髪型も見られます。

うねりが出るタイプのくせ毛の場合は、トップとサイドに毛束を作ることによって、くせ毛をお洒落なアクセントとして活用できます。毛束を作る際には、ソフトのワックスを使用すると自然な感じに仕上げやすくなります。

カールが生じるタイプのくせ毛の場合は、ディスコネクトカットのボブヘアーにすることによって、全体にパーマをかけたような雰囲気に仕上がります。髪のくせが強い方でも自然な仕上がりになりやすいため、さまざまな髪質の方におすすめです。

くせ毛にパーマをかける選択肢もあります

「どうしてもくせ毛が気になる」という方は、くせ毛にパーマをかけることを考えてみましょう。デジタルパーマでボブヘアーを作れば、くせ毛を目立たなくさせることも可能です。ただし、パーマを何度もくりかえすと、さらに髪のくせが強くなってしまう恐れがあるため、頻度には注意しましょう。

普段からしっかりとヘアケアし、髪質に合った髪型を選ぶことができれば、くせ毛の方でもお洒落なボブヘアーを楽しむことができます。今回紹介したおすすめのボブヘアーを参考にしながら、あなたにぴったりな髪型を見つけていきましょう。