原因はやっぱり遺伝?くせ毛の原因を徹底解説!

くせ毛の原因は遺伝がもっとも大きいですが、それ以外にも生活習慣の原因があるようです。遺伝だからとあきらめずに、まずはその原因を知りましょう。今回は、遺伝による原因をはじめとし、生活習慣に関係するくせ毛の原因と対処法をご紹介します。

くせ毛は遺伝以外にも原因がある?

毛穴がゆがんでいるとそこから生えてくる毛も歪んだまま生成されます。これが遺伝によるくせ毛の基本的な原因です。

ちなみに、両親の片方がくせ毛の場合は70%、両親ともにくせ毛の場合は90%の確率で子どももくせ毛となるとされています。これではくせ毛にコンプレックスを抱える方にとってやるせないことでしょう。くせ毛を直す場合にあまりいいといえない人工的な対処法で髪をいじらざる負えないからです。

では、少しでもくせ毛を和らげるために何かいい対処法はないのでしょうか。遺伝以外にくせ毛をもたらす原因を見ながら引き続き対処法を見ていきましょう。

くせ毛の原因 髪内部のコルテックスによる水分の吸収

髪の表面はキューティクル、コルテックス、メジュラの順番に分けられます。2番目のコルテックスは、さらに、AコルテックスとBコルテックスに分類できます。Aコルテックスは水分を吸収しやすいタンパク質です。

よって、この部分が多いほど水分が髪内部へ侵入したとき、くせ毛が目立つようになります。対策としてはキューティクルをはがさないように注意すること。洗髪後タオルでごしごしこすらないようにしましょう。内部に水分を侵入させなければコルテックスの割合も関係ありません。

くせ毛の原因 皮脂や添加物による毛穴づまり

くせ毛は毛穴の歪みと少々異なる原因で生成されることがあります。皮脂や添加物による毛穴づまりです。特にスタイリング剤やシャンプーにはシリコンなどの不必要なものが入っているので毛穴がつまりやすいです。

皮脂とともに正しいシャンプーの仕方で頭皮を洗いましょう。髪を洗うというよりも指の腹をしっかり頭皮に当てて毛穴の付着物を落とすのがポイントです。その他、ノンシリコンシャンプーを使うなど、ヘアケア商品を信頼できるものを選ぶようにすることも大事です。毛穴の毛穴の歪みは変えられませんが、毛穴づまりを解消してくせ毛を改善することができます。

くせ毛の原因 食生活の乱れによる髪の不規則な成長

食生活が乱れると髪の成長に不規則なリズムがつきます。一部分は太い髪、あるところは細い髪、これでは髪のバランスが取れずくせ毛になりやすいです。この髪の毛は連球毛と呼ばれています。細い部分があってちぎれやすいため、縮毛矯正ですら改善しづらく、やっかいな存在です。連球毛を防ぐためにも食生活の見直しをすすめます。髪を形成するビタミンを含む野菜や果物を過不足なく摂取し、間食やダイエットを辞めるなどして規則正しい食生活にしましょう。

遺伝によるくせ毛で悩み、縮毛矯正やパーマなどで髪をいじってしまいたくなりますが、生活習慣を見直すことで少しでも改善できる可能性があります。さっそく今日から生活習慣を改善してみるといいでしょう。