梅雨のボサボサ・まとまらない髪…今こそヘアケアの基本を見直して

梅雨の時期の湿気や汗をかいた際に生じる髪の広がりは髪のダメージによるものです。そこで、ヘアケアの基本を見直して、梅雨に入るまでにしっかりと髪のダメージ対策をしていきましょう。

湿気で髪が広がる原因は髪のダメージ

湿気で髪が広がる原因は髪のダメージです。

キューティクルが整っている健康な髪は水分量が保たれています。しかし、キューティクルが剥がれ落ちていると、剥がれた部分から水分が侵入して、内部のコルテックスという層にため込まれます。そして、水分をため込んだ部分だけが膨張することで髪にうねりが生じ、髪が広がってしまうのです。

また、髪は水分を含みやすいやわらかいタンパク繊維と水分を含みにくい硬いタンパク繊維の2層構造になっており、この2種類のタンパク繊維が不均一に分布しているとくせ毛になります。つまり、くせ毛の場合は、湿気が多いと部分的に水分を含んでうねりを生じることで髪が広がってしまうのです。

シャンプーを見直してダメージを減らす方法

髪のダメージを減らすためには、シャンプーを見直すことから始めましょう。まず、必ず守りたいことはシャンプーは夜にすること。髪の新陳代謝が活発になる夜中に髪の汚れを残さないことが大切です。

また、髪にダメージがある場合に洗浄力の強いシャンプーを使うと、ダメージがひどくなってしまいます。したがって、髪のダメージが強い場合には、アミノ酸系やベタイン系といった髪にやさしいシャンプーを選ぶのも1つの方法です。

そして、ダメージを減らすためには洗い方も大切。シャンプーをする際は、髪にシャンプーをそのまま付けるのではなく、手でしっかり泡立ててから付けるようにしましょう。

トリートメントでダメージの補修を

髪のダメージの補修には、髪の内側に栄養分を浸透させるトリートメントが有効です。髪のダメージの度合いや髪質によって有効成分が変わってきますので、トリートメントもあわせて選びます。

トリートメントを使用する際は、使用する前に髪の汚れをしっかりと落とすことが大切。また、トリートメントで栄養分を浸透させた後にコンディショナーで髪の表面を保護するようにしてください。

そして、さらに効果を高めるには、ドライヤーで乾かす前に洗い流さないトリートメント(アウトバストリートメント)を併用するとよいでしょう。

洗髪後はすぐにドライヤーで乾かそう

髪の内部に余計な水分が入り込むことを防ぐために、洗髪後はなるべく早く乾かすようにしましょう。ポイントは、ドライヤーを使う前にしっかりタオルドライしておくこと。ドライヤーは15~20cm以上離して、根元を乾かすようにしましょう。

また、ある程度乾いたら冷風に切り替えるとさらにダメージを防ぐことができます。

髪が広がる、まとまらないといった梅雨時期の髪の悩みを解消するためには、早い時期からヘアケア対策をしておくことが大切です。そのためには、髪のダメージの補修と、髪をダメージから守ることの両方を意識して行うようにしましょう。