くせ毛・剛毛の手ごわい寝癖を1ステップで解決する方法

くせ毛と剛毛で寝癖がとんでもないことになる!そんな悩みのある人には、ちょっとした工夫がオススメです。

くせ毛や剛毛でも前の日からできる寝癖予防のテクニックがある!?

くせ毛で剛毛の人は、寝癖の威力がスゴイのではないでしょうか?実は前の晩から予防できる工夫があります。

寝る前にシャンプーをすると思いますので、お風呂上りに髪を完全に乾かしたあと、低温で構いませんからヘアアイロンを使っておきます。ストレートの状態になっていると寝ている間の摩擦も軽減できますし、絡んで手に負えない状態にはなりにくいです。

ほんの少しの手間をかけるだけで、寝癖予防ができるのでオススメです。

ミストよりも効果が高いくせ毛と剛毛の寝癖直し

朝になってから寝癖のひどさに気が付くと、時間の都合が付かないこともあります。寝癖直しミストをドンドンつけても間に合いません。

こんな時には、ちょっと熱めの温度のホットタオルを巻いて髪全体を蒸しましょう。500Wの電子レンジで1分30秒で蒸しタオルができ上がります。

5分程度は巻いていたほうが良いので、その間に他の準備を片付けてしまうことができます。効率的になりますので実践してみましょう。

くせ毛で剛毛の人が寝癖に悩まなくて良いテクニックをご紹介

ご紹介したように、くせ毛と剛毛の人にはオススメの寝癖直しがあります。ここからは改善方法にできるプラスアルファをご紹介します。

1.ヘアアイロンに追加して使用するもの

前夜にヘアアイロンで髪を落ち着けると、くせ毛や剛毛でも寝癖ダメージが少なくなります。もっと髪を扱いやすくするには、ヘアオイルをつけてからヘアアイロンをかけた方が熱からも守ってくれて翌日のコンディションが良くなります。

2.蒸しタオルのその前に?

寝癖の付いた髪の蒸しタオルを巻く前にしておくと効果の上がるアイテムがあります。少しで構いませんので寝癖直しミストをつけてから蒸しタオルで温めると、さらにスタイリングしやすい状態になります。

以上のようにくせ毛と剛毛の寝癖で悩んでいる人は、一手間でまとまりのある髪にできるためオススメです。