雨の日にくせ毛が広がる人にオススメのスタイリング方法

雨の日はくせ毛が広がるから本当にイヤ!そんな方には時間をかけずに、キープできる方法を使いたいですよね。

湿気を入り込ませないコーティングで広がるのを防ぐ!?

くせ毛には様々なタイプがありますが、髪の中に湿気が入ることで、普段より大きなうねりがでます。ランダムな広がり方をしてしまうので、雨の日に髪のボリュームがアップしてしまいます。

そこで、髪のコーティングをすることで湿気の侵入を防ぐ方法を活用します。ムースなどでは湿気が多少あるので、ワックスや洗い流さないトリートメントでコーティングします。完全に髪が乾いてからよりも、半乾きの段階でつけるのがオススメです。

雨の日だけヘアアイロンを使うとダメージを気にせず便利!

ヘアアイロンは、毎日使用すると高温で髪のダメージになります。しかし、雨の日など湿気の多い時だけ使う分には特に問題ないでしょう。

室内でも湿度が高いため、ヘアアイロンの温度は高めの150度程度が理想的です。あまり長い時間をかけずに、髪を伸ばすことで、まとまりを出してくれます。

念のためコーティングできるスタイリング剤をつけると、キープ時間も長くなります。

雨の日のスタイリングでも広がるくせ毛を気にしないテクニック

ご紹介したように、雨の日だけスタイリングを変更するとくせ毛が広がるのを抑えられます。ここからは具体的なスタイリング方法をご紹介します。

1.ドライヤーとワックス使いなら

雨の日でもドライヤーとワックスで対処するのなら、熱風ではなく低温で時間をかけてブローします。ブロッキングしながら乾燥させることに重点を置きます。

最後に熱風に切り替えて、頭頂部から当てて下さい。重みでボリューム感が抑えられます。その後にワックスをつけることで、キープ力も上がります。

2.ヘアアイロンでしっかりセット

ヘアアイロンでセットしたほうが短時間で髪が乾燥して、真っ直ぐにすることができます。少し厚めの150度程度の設定で当てるのがオススメです。

せっかくストレートになっているので余分な水分を与えずに、ヘアワックスや洗い流さないトリートメントを少量つけると広がるのも落ち着きます。

3.ワックスをつけるコツ

ワックスは根元につくとベタつきますし、見た目に不衛生な印象になります。そこで毛先に多めにつけるようにして下さい。髪に重みが加わることで、くせ毛が広がることを防ぐことができます。

以上のように、湿度の高い日でもくせ毛が広がるのを抑えて、キレイな状態で一日を楽しく過ごしたいですね。