くせ毛対策に有効!?ポニーテールとくせ毛の関係

「ポニーテール」という髪型は、昔から少女漫画や映画などでもよく取り上げられてきた髪型です。元気で女の子らしく、若々しいイメージを作ることが得意なこの「ポニーテール」、実はくせ毛と深いかかわりがあるのです。

くせ毛対策としてのポニーテール

ポニーテールは、くせ毛対策としても有効です。縮毛矯正をしていない人の場合、髪の毛をまったく結ばないと、どうにもうねってしまってスタイルが決まらないという悩みがあります。しかしそれもポニーテールなら簡単に解決できます。結んでいるわけですから、雨の日でも広がることはありません。

また難しいアレンジを必要としないので、誰でも簡単に作ることができます。シュシュやリボンを使えば、愛らしい雰囲気を作るのも思いのままです!加えて、縮毛矯正を行ったときのようなダメージもありません。

「襟足に短い髪の毛がちょっと残る」「ふわふわタイプのくせ毛なので、ポニーテールにしてもまとまりきらない」という悩みも、ワックスやクリーム、ピンなどで簡単に解消できてしまいます。そのため、ポニーテールはくせ毛対策として非常に有用なのです!

ポニーテールがくせ毛を作る?!

しかし一方で、「ポニーテールはくせ毛を作る」と危険性を指摘する人もいます。これは俗にいう「縛りぐせ」というものです。

いつも同じ位置で髪の毛を結んでいると、その場所が段になったり、光沢を失ったりしてしまうのですね。もともと男性ホルモンが強い人の場合、「引っ張られること」が原因となって薄毛になってしまうことも…。

このようにポニーテールには、「くせ毛対策」としての顔と、「くせ毛を作る髪型」としての顔、両面があるのです。

どうやって付き合っていくの?ポニーテールとくせ毛

このため「ポニーテールにすれば、くせ毛は気にならなくなるよ!」とも、「くせ毛になるからポニーテールを作ってはいけないよ!」とも断言することはできません。

現実的な落としどころとしては、「毎日ポニーテールをする、というのは考えもの。だけど、どうしても髪の毛がまとまらない時は、ポニーテールの力を借りるのがいい」ということになるでしょう。その際は、結ぶ位置を変えてみるなどの工夫ができると良いですね!

いつの時代も、ポニーテールは「元気な女の子」の象徴。かわいく賢く作る方法をマスターしておきましょう!