くせ毛の人が美容室でオーダーする時に必要なコツ3大ポイント

美容室の同じ担当者にお願いしても仕上がりが一緒にならない…。そんな悩みのある人にはコツを利用するのがオススメです。

お任せするのが実は危険だった!?美容師のスキルが原因

くせ毛の人が美容室でカットをすると仕上がりがまばらだという話があります。こちらから細かく伝えることが出来れば良いのですが、信頼している担当者だとお任せにしていませんか?

実はこれが失敗の原因です。美容師の中には高いスキルを持っている人が多いですが、感性でカットするタイプもいます。

つまり「気分でカットの仕方が変わる」と言っても良いのです。前と同じにして欲しいと言っても、その時とは気分が違うので失敗します。

特にくせ毛では微妙なニュアンスの違いで仕上がりが変わり、大失敗に感じる事もあります。

確実に理想の仕上がりに近づけるには証拠が必要!?

美容院でくせ毛のカットやパーマをしたい時には、確実に伝えることが基本です。気に入ったヘアスタイルを漠然と覚えていくのではなく、「これ」と言える証拠のようなものがなくてはいけません。

ヘアカタログを見て美容院で決めても良いですし、他にお気に入りがあれば携帯やスマホで画像に撮っていきましょう。明確なイメージが伝わらないと、美容師も対応しにくい場合があります。スマートフォンなどでなりたいスタイルの画像をもとにカウンセリングしてもらうと、イメージが伝わりやすいです。また、そのスタイルを当てはめた場合にどうイメージとのギャップがでるかなど、デメリットの部分もしっかり聞きましょう。

「前と同じに」と伝えるにも、元々参考にしたヘアスタイルや、前回カットの完了形になっているご自分の髪型を画像で残しておくと、くせ毛で失敗する事がなくなります。

きちんと伝えることが出来れば美容院でもくせ毛で失敗しない3つのポイントをご紹介

ご紹介したようにくせ毛の人が美容室でオーダーするにはコツがあります。ここからは3つのポイントに絞ってご紹介します。

1.美容師にお任せにはしない

美容師の中にはアーティスティックな感覚でカットやパーマの施術をする人もいます。前のヘアスタイルが気に入ったと言っても、その日の気分が違えば再現性に期待が出来ないのです。お任せにしない事を心がけましょう。

2.画像を持参して確実にイメージを伝える

自分で説明が下手だと思っている人は、美容師に伝わりやすいよう希望しているヘアスタイルの画像を持って行きましょう。携帯やスマホで画像を持って行って相談すると、失敗することもありませんし、理想の仕上がりに近くなるのでオススメです。

3.くせ毛対応をしている美容院に変更する

どうしても今通っている美容院ではくせ毛対応が出来ていないと感じるなら、思い切って美容院を変えることも考えてみましょう。今は、くせ毛の専門美容室があって、最新技術も使えるので、くせ毛でも失敗しないのが安心です。

以上のように、くせ毛の人が美容院で失敗しないためのコツがありますので活用して下さい。