くせ毛は治るの?それとも治らないの?

「厄介なくせ毛をどうにかしたい!」と考える人は多いはずです。日本人の70%程度がくせ毛であると言われている今、このような思いを抱えるのはごく自然なことです。

さて、この厄介なくせ毛、治せるのでしょうか?

くせ毛になるのはどうして?

くせ毛にまつわる「都市伝説」は数限りなくあります。「現在ある髪の毛をすべて剃ってしまえば、もうくせ毛は生えてこない」というものなどは、その代表例でしょう。

ただし、このような意見というのは、あくまで「都市伝説」の域を出ません。というのも、髪の毛のくせを決める原因としては、「毛穴」が挙げられるからです。

毛穴の奥側がすでにねじれているため、「生えてくる段階で」もうねじれている、ということなのですね。

また、髪の毛の成分による部分も大きいと考えられています。

このようなことから、「髪の毛を全部剃る=くせ毛が治る、というのはかなり乱暴な意見と言わざるを得ないのです。

くせ毛の根本治療は可能か不可能か?

上記のように、くせ毛のメカニズムを考えると、くせ毛を治すことは非常に難しいと言えます。くせ毛は絶対に治らない、とまでは言えませんが、根本的な治療はかなり難しいとみるべきでしょう。

まれに、「成長とともにくせ毛が治った」という人もいます。これはホルモンバランスなどが関係していると言われています。ただ同時に、「成長するにしたがってくせ毛がひどくなっていった」という人もいるため、成長する=くせ毛が治る、というわけでもないのです。

このように考えていくと、「根本から治療すること」はあきらめて「どのように対処していくか」を考えた方が現実的であるように思われます。

くせ毛を矯正する方法としてまず真っ先に挙げられるのが、「縮毛矯正」でしょう。これは、熱と薬剤の力を借りて、髪の毛を真っ直ぐにしていく方法です。

くせ毛を作っている結合をいったん切り離し、それからストレートの状態を定着させるための薬剤を使います。これによって、縮れた毛が元に戻ることなく、まっすぐな状態を維持させることができるのです。

縮毛矯正の場合、あくまで「今ある髪の毛」に働きかけることしかできません。そのため、新しく生えてきた髪の毛は、やっぱりくせ毛のままです。

とはいえ縮毛矯正をかけることによって、ストレートの髪の毛が手に入ることは事実です。厄介なくせ毛に悩む人は、一度試してみてはいかがでしょうか。