スタイリングでクセ毛をストレートにする方法

クセ毛は、髪の毛をまとめるのも難しく苦労することが多いものです。なかなか真っ直ぐになってくれない時、どのようにしたら良いのでしょうか?この記事では、スタイリングでクセ毛を上手にストレートにする方法を紹介します。

賢く上手にストレートヘアに

1.一番初めに前髪をブローすることがポイント!

前髪は、印象を左右する一番気にしたい部位。ところが、一番クセが出やすい場所でもあります。そのため、シャンプーしたらすぐに、前髪をパワフルに乾かしてしまいましょう。

こうすることで、クセが出にくくなります。この時、根元から乾かすことがコツです。右から左へ、左から右へと交互に乾かしたり、クセに逆らって乾かすとキレイにまとまります。弱いパワーでは上手く伸ばせませんので、強力に乾かすことがポイントです。

しっかり乾かして伸ばしておけば、翌朝あまりクセに悩まされませんし、ツヤも感じられることでしょう。

2.シャンプーしたらすぐに乾かしてしまう

前髪だけでなく全体のブローも、嫌なうねりが出てくる前にすぐにやってしまうことがポイントです。時間が経てば経つほど、キレイに伸ばすことが難しくなってしまいます。

シャンプーをしたら、とにかくすぐにドライヤーで一気に乾かしましょう。朝のお手入れの際は、ソフトタイプのスプレーなどを使うとハリのあるストレートが長く保てます。

3.クセ毛用のスタイリング剤を使う

最近は、天然パーマやクセ毛の方のためのスタイリングジェルなどがたくさん販売されています。それぞれ使用方法に違いがあるのですが、いろいろ試してみるのがおすすめです。

シャンプーした後使用してしっかりとブローすれば、朝のスタイリングが断然楽になります。価格を見ても、お手頃のものが多いようです。くせ毛の方は、特に湿度の高い日はスタイリングに苦労しますが、そんな日でもうねりを抑えてくれます。

4.ヘアアイロンを使う

朝のスタイリングの時は、ドライヤーだけでなくヘアアイロンを使うのもおすすめです。毛先は、内側に受けて静かにスライドさせるのがコツです。熱いので、やけどに気を付けて使用して下さい。

裏ワザ?

湿気が気になる日は、可能であれば帽子などを利用して、職場や学校に着くまで髪の毛を外気に当てないようにすると広がりやうねりを抑えることもできます。

屋内であれば、外よりも湿気が少ないので、そこまで来たら帽子を外します。朝仕上げたキレイなストレートをキープできますよ。