くせ毛特有のうねりをなくすケア方法

縮毛矯正を掛けた髪は、一見サラサラのストレートヘアのように見えますが、縮毛矯正も髪の毛にダメージを与える薬剤を使用しています。正しいアフターケアを行って、ダメージの少ないストレートヘアを手に入れましょう。

うねりの原因

髪のうねりの原因は先天性のものと、加齢や日々のケアが関係している後天性の2種類あります。

先天的な髪のうねりをケアで改善する事はなかなか難しいですが、いつの間にかうねってしまったという後天性のくせ毛は、日々のケアを見直すことで改善することが出来ます。

後天性のうねりは、髪の毛を構成している成分バランスが崩れてしまうことが原因の1つです。

特にカラーリングやパーマなど、髪の毛を傷めるような施術を繰り返している髪の毛はバランスを崩していることが多く、髪の毛をうねらせてしまいます。夏場は紫外線によるダメージも危険信号。紫外線対策をしっかりと行ってください。

さらに、加齢による頭皮のたるみがうねりを引き起こすことも。頭皮がたるむことで、毛穴の形状が変わってしまい生えてくる髪の毛にまで影響を及ぼしてしまいます。

うねりをなくすケア方法

頭皮のたるみに効果的なケアは頭皮の保湿と栄養補給をすること。頭皮ケアというと多くの方がシャンプーや頭皮マッサージと思いがちですが、頭皮もスキンケアが1番効率的に効果を期待できます。

お顔のたるみが気になったら、水分を与え、たるみを防止・改善すると思います。頭皮も同じで、うねりがあらわれたら水分補給をしてあげましょう。また、たるんだ毛穴を引き締めるためにエイジングケアには欠かせないビタミン群の摂取も積極的に行うと良いでしょう。

日々いろんな影響を受けている頭皮。スキンケア同様に、なにかダメージを受けたらその日の内に対策をすることが後天性のうねり防止には効果的です。定期的なケアで、うねり知らずの髪の毛を手に入れたいですね。