くせ毛を活かしたショートヘアのススメ

多くの人が悩んでいるくせ毛。特に梅雨の時期には、髪が広がったりうねったりして、お手入れに苦労しますよね。

そのため、くせ毛の人の多くが、縮毛矯正やパーマをかけて、くせ毛を感じさせないヘアスタイルを楽しんでいるのです。でも、定期的に縮毛矯正やデジタルパーマをかけ続けることは、髪や頭皮に大きなダメージを与えてしまいます。/p>

そこで、思い切ってくせ毛を活かしたショートヘアにチャレンジするのはいかがでしょうか?

くせ毛の人がショートヘアにする時に気を付けたいことについてまとめました。

くせ毛でもショートカットにできる?

美容院のパーマの技術がどんどん進化している現代。ここまで縮毛矯正に需要があるということは、それだけくせ毛に悩んでいる人が多いという事でもあります。確かに縮毛矯正やデジタルパーマは、毎朝のブローに時間がかかっていたくせ毛女性たちにとっては、まさに救世主ともいえる存在。

定期的にかけてさえいれば、毎朝のブローはほぼ必要がなくなるのです。でも、こうした縮毛矯正やデジタルパーマは、お金と時間がかかるうえに、髪や頭皮のダメージが大きいのも事実。かけ続けることで、髪がパサパサになったり、抜け毛が増えたりすることも…。

そこでオススメなのが、クセ毛を活かしたショートカット。確かに、くせ毛の人がショートカットにすると、ブローがより大変になってしまったり、広がってしまって収拾がつかなくなってしまったり、という悲劇も大いにあります。

でも、くせを上手に活かすことができれば、その人にしかできない、自分だけの自然な髪型が手に入るだけでなく、髪のダメージや延々と続くパーマのスパイラルから抜け出すことができるのです。

くせ毛ショートをする上で気を付けたいポイント4つ

では、くせ毛の人がショートカットにチャレンジする場合、どのようなことに気をつければいいのでしょうか。

1.初めての美容院でのバッサリショートはキケン!

髪のくせは、人によって十人十色。しかも、長かった髪をバッサリ切ってショートカットにするなら、その後のくせの出方は切ってみないと分からない部分もあります。初めて行く美容院でのバッサリショートはかなりリスキー。自分の髪のくせをよく理解してくれている、おなじみの美容師さんにお願いするのが安心です。

2.一度のカットで完璧に仕上がるとは限らないことを覚悟しておきましょう。

どんなに腕のいい美容師さんでも、すべてのお客さんの髪のくせをきちんとよんで、完璧にまとまるショートカットができるとは限りません。カットしてもらった後、どうしてもまとまりにくくなってしまったら、なるべく早めに、もう一度美容院に相談に行きましょう。

3.ブローの仕方を美容師さんから教えてもらいましょう

美容院ではうまく仕上がっていても、自分でうまくブローできなければ意味がありません。どんなふうにブローすればいのか、美容師さんによく聞いておきましょう。大抵の美容師さんは、分かりやすく教えてくれるはずです。

4.最低でも2ヵ月に1度は美容院へ

ショートカットは、頻繁に美容院に行かなければ、きれいなスタイルは保てません。できれば、6週に1度。最低でも2ヵ月に1度は、美容院に通いましょう。カットだけなら縮毛矯正やパーマよりはずっと短時間ですむため、通う頻度は多くなっても、それほど負担にはならないはずです。

自分のくせ毛を好きになろう!

くせ毛に悩む人が陥りやすい、縮毛矯正やデジタルパーマの永遠のループ。髪の毛は痛むし、お金も時間もかかるし、なかなか大変です。くせ毛の出方は十人十色なので、思い切ってくせ毛を活かしたショートカットにしてしまえば、自分だけのヘアスタイルが発見できるかもしれません。

少し覚悟は必要ですが、思い切ってくせ毛を活かしたショートヘアにしてみませんか?悩みのタネだった自分のくせ毛が好きになれるかも知れません。