必見!くせ毛になってしまう6大原因

しっかりブローしているのに、毛先がハネたり、うねったり…。くせ毛で毎朝のスタイリングに苦労しているという方も多いのではないでしょうか。今回は、そんなくせ毛にお悩みの方に、くせ毛になってしまう原因について詳しく紹介します。

くせ毛になってしまう先天的な3大原因

サラサラのストレートヘアは女性の憧れ。でも、人によって髪質は様々で、直毛の方もいれば、強いくせ毛の方もいます。では、どうしてくせ毛になってしまうのでしょうか?これは大きく、先天的な原因(遺伝)と後天的な原因に分けられます。まずは先天的な原因(遺伝)から見ていきましょう。

1.毛穴が曲がっている

髪の毛は、毛根部分の毛母細胞が分裂し、角化して毛穴から押し出されたものです。直毛の方は髪の毛の通り道である毛穴がまっすぐなのですが、くせ毛の方は毛根部分が毛穴よりも曲がった部分に位置しており、毛穴が曲がっていることが多いのです。

そのため、髪の毛が伸びてきた時に、うねってしまうと考えられています。

2.髪のたんぱく質結合のずれ

髪のタンパク質は、主に、ペプチド結合、シスチン結合、イオン結合、水素結合の4つの結合から成り立っています。くせ毛の場合は、このシスチン結合がまっすぐに結合されず、ずれた状態で結合されているため、髪にうねりが出てしまうと考えられています。

3.髪内部のコルテックスの乱れ

髪は、キューティクル、コルテックス、メデュラの3層を成しています。このうち、くせ毛に関係していると考えられているのが、コルテックスです。

コルテックスは、水分を含みにくいP-コルテックスと水分を含みやすいO-コルテックスから成り立っており、この2つのタンパク質の比率によって髪質が決まると言われています。均一であれば直毛、どちらかに偏っていればくせ毛になってしまうようです。

くせ毛になってしまう後天的な3大原因

くせ毛の最も大きな原因は、毛穴が曲がっていることですが、それ以外にも生活習慣などから後天的にくせ毛が起きることがあります。以下で、後天的な原因について詳しく見ていきましょう。

1.間違ったヘアケアによる頭皮の毛穴詰まり

毎日のシャンプーでしっかりと頭皮を洗えていない方は、毛穴が皮脂や汚れで詰まって楕円状に変形し、髪がうねる原因に…。

また、ラウレス硫酸Naなどが配合された脱脂力の強いシャンプーを使い続けていると、頭皮が乾燥して逆に皮脂の分泌量が増えてしまい、毛穴が詰まりやすくなってしまいます。

2.髪のダメージ

頻繁なカラーリングやパーマによって髪のダメージが進行してしまうと、髪の水分量が低下して乾燥がひどくなってしまいます。髪が乾燥すると、くせ毛が強くなってしまうことも。

3.栄養バランスの偏り

ダイエットによる栄養バランスの偏りや、冷え症による血行不良が起こると、頭皮の血流が滞り、髪にしっかりと栄養が行き渡らなくなってしまいます。こうなると、髪が細くなり、クセ毛が強くなる可能性があります。

くせ毛対策は、原因を把握することから

くせ毛の原因は人によって様々です。くせ毛にお悩みの方は、まずは自分のくせ毛の原因を知り、そこから対策を考えていきましょう!