ドライヤーを使ったくせ毛解消テクニック!

「髪の毛を乾かさずに寝てしまった次の朝は、くせがいつもよりさらに強く出てしまった」という経験をしたことはありませんか?濡れている髪を放置しておくと、もともとドライになっていた部分の乾燥がますます強くなり、結果としてくせが際立ってしまいます。

逆に、しっかり乾かして寝るだけでも、朝起きた時のくせ毛はかなり落ち着いているものです。ここでは、さらにちょっとしたコツをプラスして、ドライヤーでくせ毛を解消するテクニックをご紹介します。

くせ毛を伸ばす乾かし方

乾かし方の基本は簡単。くせが伸びるよう髪を軽く引っ張りながらドライヤーで乾かすだけです。

髪に限らず、多くの物質は熱を加えると変形します。変形したまま冷ますことによってその形状を保つことができます。この原理を利用して、髪を伸ばした状態でドライヤーをかけると、クセを伸ばすことが出来るのです。

ドライヤーを使ってくせを伸ばす方法は、女性だけでなく、ヘアアイロンなどを使いづらい男性にもオススメ。ドライヤーの仕方ひとつで髪の仕上がりはかなり変わります。コツを覚えて気になるくせ毛を解消しましょう。

ドライヤーは髪の根元から

毛先は普段から乾燥しがちな部分なので、毛先からドライヤーを当ててしまうと、「オーバードライ=乾かしすぎ」になります。同じ場所に当て続けないように注意しつつ、根元から乾かしましょう。

根元から乾かしていると、毛先に下りてきた水分の重さがどうしても気になってしまうものですが、そういう時は毛先をタオルではさみ、ぽんぽんと叩くようにふきとってあげるとすっきりします。ドライヤーをかける前に優しくタオルドライしておくのもポイントです。

上から下に向かってドライヤーをかけると、キューティクルが閉じるという効果もあります。髪が広がるのを防いで、まとまりのあるツヤ髪になりますよ。

ハンズフリードライヤーに注意

テーブルの上などに置いて乾かすことのできる、ハンズフリードライヤーはとても便利。ですが、使う時には「置き場所」と「当てる位置」に注意する必要があります。

くせ毛直しのためのドライヤーは「上から下」が基本。上向きにしたハンズフリードライヤーを後頭部の下から当ててしまうと、髪が広がってしまう可能性が。また、手で髪を動かさずに同じ位置に当て続けてしまうと、乾きムラができてしまいます。

本当は美容師さんにやってもらうように、誰かに乾かしてもらうのが1番良いのですが、普段はそうもいきませんよね。ハンズフリーを利用する時は、「高めの位置において下からあおらないようにする」「手で髪を動かしながら乾かす」を守りましょう。

毛先に重さを出すイメージで軽くテンションをかける

髪の1本1本はとても軽いものですが、濡れている状態の髪は水分で重みが出ています。乾いてもこの「重み」を残せるようにイメージしながらドライヤーをかけると効果的です。

手ぐしで内側から指を通したら、その手で髪の表側から少しテンションをかけながらひっぱりおろして、毛先をぎゅっと握る、が基本です。ただし前髪は内側から手ぐしをいれるだけでも浮いてしまうので、表から通して、テンションがけも表からにします。

新しく買うならマイナスイオン+大風量がおすすめ

風量の少ないドライヤーを使っていると、どうしても乾かすまでの時間が長くなります。髪表面のキューティクルをできるだけスムーズに整えることが、ツヤがあってしっとりサラサラな髪に仕上げるポイントであることを考えると、あまりダラダラ乾かすのは得策ではありません。

髪を早く乾かすために必要になるのは、なんといっても風量です。風量の大きいドライヤーは若干価格が高めではありますが、買って損はないと思います。

また、髪にマイナスイオンを吹き付けることによって、静電気が起きるのを防ぎ、髪表面のめくれているキューティクルをしっかり素早く閉じてくれるマイナスイオンドライヤーもおすすめ。もし新しくドライヤーの購入を考えているということなら、ぜひ風量とマイナスイオンに注目して選んでみてください。

余裕があれば毛先をブローしておく

朝のセットほどしっかり行なわなくてもいいので、余裕があれば、ほぼ乾いたところで「下3分の1」と前髪だけでも、ブローブラシでひっぱりながらドライヤーをあて、最後に冷風で仕上げておくとベターです。

ただしブローしたあとにトリートメント剤をつけると、また水分を吸って寝ている間にくせ毛が戻ってしまいます。つけるならブロー前と覚えておきましょう。

夜のブローがくせ毛解消への近道

朝ブローするという方も、夜のうちにくせ毛を解消するドライヤーのかけ方をしておくと、時間がぐっと短縮できます。慣れてくると、くせ毛なことを忘れるくらいの仕上がりになりますよ。