くせ毛女子必見!雨の日の5大対策!

朝はそれなりにセットできていても、数時間後にはうねったり爆発したりと、くせ毛の方にとって「雨の日」は鬼門。日本には長雨のシーズンがあるので、雨の日対策は本当に頭の痛いところですね。雨の日でもまとまった髪で過ごすにはどうしたらいいのでしょうか?5つのテクニックをご紹介します。

まめにブラッシングかコーミングでリセットする

「朝のセットをキープし続ける」ことを目指すより、ある程度崩せる幅を残しておいて、まめにブラッシングでリセットしたほうが、くせ毛は目立ちにくくなります。

手直しブラッシングの前には、軽い仕上がりのブラッシング剤をスプレーするか、ヘアクリームを毛先になじませ、手に残った分で上の方を押さえておくと、静電気が起きず、しっとりまとまります。ヘアミルクやローションなど水分が多いスタイリング剤はどんどんくせ毛に戻してしまうので固めのヘアクリームが向いています。

ブローよりアイロン+冷風仕上げで

では、ブラッシングでのリセットをより簡単にする、朝のセット方法をみていきましょう。雨の日は、高温でしっかり髪を伸ばすことができるヘアアイロンがおすすめです。しっかり温めたアイロンで、毛先、前髪、根元の順でアイロンをかけます。髪が熱くなりすぎてしまったと思ったら、ドライヤーの冷風を軽く表面に当てて冷ましましょう。スタイルキープにも役立ちます。

「ホールド力は弱め」のスタイリング剤がおすすめ

セットしたヘアスタイルを夕方までキープしようと、固めるタイプのスタイリング剤を使ってしまうと、リセットが効きません。使うならナチュラルに仕上がるワックスを。毛先には多めにもみこみ、上の方は表面を押さえる程度にしておくのがコツです。

ワックスは意外に水分が多いので、つけすぎるとくせが復活しやすくなってしまうので、量は控えめを心がけましょう。

うっとうしく感じたら、「ゴムよりピン」でまとめる

雨の日の髪は普段以上にうっとうしく感じるもの。ついゴムで結わえてしまいたくなるものですが、ゴムで縛るとどうしてもくせが出やすくなります。ダウンスタイルを基本に過ごしたい日は、ゴムは使わないくらいのつもりでいる方が得策。どうしてもうっとうしい時は両サイドの髪をゆるめにまとめるハーフアップで。

あとはピンを活用しましょう。くせ毛の部分をひっぱってピンで止めておくと、リセットも効きやすくなります。

「手のひらスプレー」で全体を落ち着ける方法

朝のスタイリング時にやってしまうと、ブラッシングをした時に、粉をふいてしまう可能性があるのであまりおすすめできませんが、「アフター5を乗り切りたい」という時には役立つ方法です。

具体的には、ブラッシングを済ませた後、ハードキープ用のスプレーを手のひらにスプレーし、毛先からぎゅっぎゅっと掴みながらテンションをかけます。アイロンを持ち込める場所なら、アイロン後に全体にかけてからもう1度手でひっぱっておくといいでしょう。

くせ毛は水分コントロールが決め手!

梅雨時期になると、ヘアサロンでは縮毛矯正やストレートパーマのオーダーがものすごく増えるそうです。楽をしたいという時にはそれも有効な手段かと思いますが、くせ毛を本質的に治すものではないこと、髪が傷むことも考慮しておく必要があります。

くせ毛の雨の日対策のポイントは、水分のコントロール。スタイリングで余分な水分を与え過ぎないことに注意するだけでも、落ち着きのある髪で過ごせますよ。