お子さんにも人気!ひな祭りに使える「ちらし寿司」レシピ☆

3月3日はひな祭り☆大切なお子さんのために、「何を作ろうかな~?」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。「ママすごい!」と、お子さんも喜ぶカラフルで華やかなちらし寿司を作ってみましょう!

あったか蒸し寿司☆ひなまつりに

あったか蒸し寿司☆ひなまつりに
出展:美肌レシピ

穴子がたっぷり入った甘いお寿司を蒸篭で蒸した、あったか蒸し寿司。ひなまつりに使えるレシピです☆

材料

玄米 2合/ 米酢(A)大4/ 塩(A)小1/ 三温糖(A)大3/ あなご(焼き)150g/ 干し椎茸 12g/ かんぴょう 20g/ 蓮根(輪切り)100g/ 人参(千切り)50g/ みりん(B)大2/ 醤油(B)大2/ 三温糖(B)大2/ 鶏卵(錦糸卵)3コ/ 塩(錦糸卵)小1/4/ 三温糖(錦糸卵)小1/ 桜でんぶ 適量/ 海老 15匹/ 絹さや 15本/

作り方

1. ■干し椎茸は1.5カップ程度の水で戻しておく。■かんぴょうは洗って塩でもみ20分程度置き水で洗って、絞っておく。■絹さやは洗って筋をとり、塩水で軽く茹でる。■海老は塩と酒をふって、水で洗ってから塩水で軽く茹でる。

2. 卵3コをボールに割り入れて溶き、塩、砂糖を加えてよく混ぜる。油を薄くひいたフライパンで3回に分けて薄焼き卵を作り、細い千切りにする。穴子は焼いてタレに絡めて細かく刻んでおく。

3. 鍋に菜種油(分量外)をひき、人参、蓮根の順に炒める。火が通ったら干し椎茸、かんぴょうを干し椎茸の戻し汁と共に加え、砂糖、醤油、みりんを加えて水分がなくなり、かんぴょうが柔らかくなるまで煮る。

4. Aの米酢、塩、砂糖をボールに合わせて溶かし、寿司酢をつくる。 炊いたごはんに寿司酢を加えて混ぜ、3の具と焼き穴子を加えて混ぜ合わせる。蒸篭に混ぜたごはんを入れ、錦糸卵、桜でんぶ、海老、絹さやを飾る。10分ほど蒸して完成!

イタリアンチラシ寿司

イタリアンチラシ寿司
出展:美肌レシピ

いつものちらし寿司もいいですが、今年はちょっと思考を変えて、イタリアン風に挑戦してみませんか?美肌食材アボガドも入っているのでエイジング効果も!

材料(2人分)

白米 1.5膳分/ 人参 3cm/ 蓮根 3cm/ きゅうり 1/2本/ トマト 1/2個/ アボカド 1/2個/ ナチュラルチーズ 適量/ 鶏卵(錦糸卵を作る)1個/ 胡麻(白)適量/ ワインビネガー 大さじ2/ 砂糖 大さじ1.5/ 塩 小さじ1/2/ エクストラバージンオリーブオイル 大さじ2/ バジル(乾燥) 適量/

作り方

1. ご飯は、昆布(分量外)を入れ固めに炊く。

2.ビネガー・砂糖・塩は加熱し、砂糖・塩が溶けたら炊き立てのご飯と混ぜ合わせる。にんじん・レンコンは薄く小さく切りさっと茹でた後、オリーブオイル・バジル・塩・こしょうと合わせ、ご飯に加えて全体をよく混ぜ合わせる。

3. きゅうりは縦半分に切り3mm幅に切る。(※きゅうりの皮を少しむいて千切りにし、飾り用にとっておく)トマトは湯むきし角切りにする。アボカドは角切りにしレモン(分量外)をふっておく。チーズも角切りにする。

4. 器に1の混ぜ合わせたご飯を盛り、その上にきゅうり・トマト・アボカド・チーズをのせ、その上に細切りにした錦糸卵・白ゴマ・きゅうりの皮を散らせば完成です。